離婚の種類

離婚と一口に言っても、たくさんの種類があることはご存知でしょうか。

日本における離婚問題は協議→調停→裁判の順序で進んでいきますが、近年では早期から専門家に相談するケースが増えています。納得のいく離婚をする為にも専門家である弁護士に相談することをお勧めします。以下、離婚の種類を簡単にご説明させていただきます。

 

【離婚の種類】

① 協議離婚:当事者間の話し合いによって決める最も簡単な離婚方法です。

他の離婚方法と比べて費用や時間がかからないのが特徴で、場合によっては、最大のメリットです。

ただし、話し合いが上手くいかないと、感情的になり過ぎてしまい、解決に時間がかかる場合もあります。また、財産関係について、きちんと取り決めをしておかないと、将来、トラブルになるおそれもあるのがデメリットです。

 

② 調停離婚:裁判所で、調停委員を介し、話し合いによって決める離婚方法です。

裁判所で行う話し合いですので、公平な解決が期待できます。また、合意が成立すれば、調書が作成されますので、これに基づいて、将来、強制執行も可能であることがメリットです。

ただし、あくまで話し合いですので、合意できない場合(たとえば、相手が離婚に反対している場合)、調停が不成立となってしまうことがデメリットです。

 

③ 裁判離婚:裁判所で、裁判をして成立する離婚方法です。

話し合いで合意できなくても、法定の離婚原因があれば、離婚できることが最大のメリットです。

デメリットは、日本では「調停前置主義」というものがありますので、調停を経なければいけないことと、法定の離婚原因がなければ、離婚できないことです。

 

離婚問題は協議、調停、裁判と進むにつれて問題が長期化し肉体的な負担だけではなく、精神的・費用的負担も大きくなります。協議段階のように早期から弁護士が介入することによって、大きく結果が変わってきます。

 

当事務所では依頼者の方に納得してもらう為に様々なプランをご用意させていただいております。是非一度、当事務所にご相談ください。

 

TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいメールでの相談予約
TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください メールでの相談予約