監護権とは

監護権とは、親権の内容の一つである身上監護のことです。(身上監護の具体的内容は、親権のページをご参照ください。)

 

離婚の際に、親権者とは別に監護者を決める、または、離婚前の別居中に、監護者を決める、というのがよくある例です。

 

 

監護者の決め方

 

まずは、子どもの父母、つまり当事者同士で話し合いをして決めることとされています。

話し合いができないときや、話し合いをしても決まらないときは、裁判所が決めるとされています。

 

 

親権者とは別に監護者を決めること

 

親権者とは別に監護者を決めるということは、例えば、子どもの財産管理権は父親が持ち、子どもの身上監護権は母親が持つことにするということです。

 

父母の協力関係が離婚後も期待できる場合であれば、この方法を選択することも十分考えられるでしょう。

しかし、父母の協力関係が期待できない場合は、将来に禍根を残すことにもなりかねません。

 

親権者と監護者のそれぞれが、子どもの利益を最優先として、権利義務を適切に行使できるのであれば別ですが、親権者とは別に監護者を決めることは、子どものことを考えた場合、控えた方がよいケースも多々ありますので、弁護士などの専門家にご相談されることをお勧めします。

 

 

TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいメールでの相談予約
TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください メールでの相談予約