ドメスティックバイオレンスについて

 

1 相談件数の増加

 

警察庁が発表している資料によると、いわゆるDV防止法が成立した平成13年当時は、配偶者からの暴力事案等の警察への相談は、3,608件であったのに対し、一時期減少があったものの年々増加傾向をたどり、平成28年には、6万9,908件となっているようです。

 

 

2 被害者の性別

 

このような増加の一途をたどる配偶者からの暴力事案等ですが、近年は、男性の被害者も増えてきている傾向があります。警察庁が平成29年に発表した次の表をご覧ください。

 

H24年 H25年 H26年 H27年 H28年
男性被害者数 2,372人 3,281人 5,971人 7,557人 1万496人
女性被害者数 4万1,578人 4万6,252人 5万3,101人 5万5,584人 5万9,412人

 

警察庁から発表された平成29年4月6日付の「平成28年におけるストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について」(http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/stalker/seianki28STDVsyosai.pdf)から抜粋。

 

驚くべきことかもしれませんが、女性のDV被害者は年々増え、男性のDV被害者も1万人を超える勢いで増えているという実態があります。

 

 

3 DV被害者に遭われている方へ

 

DV事案は、緊急性を要するものから証拠を確保する必要性が高いものまで、そのDVの態様や程度により、何をしなければならないのかが変わってきます。

 

あなたにとって心強いアドバイスを受けるためにも、配偶者からのDVにお悩みの方は、一度、専門家へご相談されることをお勧めします。

 

TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいメールでの相談予約
TEL:059-327-6560 受付時間 平日、土日祝日 9:00~20:00 離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください メールでの相談予約